「家族みんなが大満足」の家を建ててくれる会社はどこ?注文住宅建築のしおり【豊田版】

注文住宅を建てるときの費用の内訳は?

必要な費用は?見積もりの項目をチェックしよう

注文住宅を建てるにあたって、必要となる費用とは何でしょうか?

一般的に大きく分けて必要なのは、本体工事費付帯工事費、そして諸費用となります。

本体工事費の内訳は?

業者によって分類項目の名称や分け方など違いはありますが、一般的な木造の注文住宅で本体工事費の内訳となるのは、主に以下のような項目です。

なお、材料費及びその運搬費は含まれますし、各種工事で稼働する人件費も含まれます。

それでも、業者によっては付帯費用の一部が本体工事費に含まれていることもあります。比較する際は同等レベルの対応範囲を確かめてから、割安感のある業者選定をするのが賢明です。

付帯工事費の内訳は?

付帯工事費は新築の家でほぼ必須になるものと、主に立地環境に依存するのでケースバイケースで、施工せざるを得なくなるものとに分けることができます。

新築の家で必須になる項目

例えば、インテリア関連の細かな点を挙げると、カーテンレールやカーテンの設置は付帯工事費となります。カーテンは自分で付けるにしても、カーテンレールはプロに頼む必要があるでしょう。もちろんカーテンレールが標準仕様のなかに入っており、余分な費用がかからない会社もあります

外構や造園は、注文住宅だと建物との統一感が重要です。本体工事費に含まれる業者を見つけるとお得です。

個別に施工が必要となる項目

購入した土地に建物が建っている場合など、すでにある建築物を解体するのが「解体工事」です。いま農地になっていたり、空地になっている土地を住宅地にするのが「造成工事」であり、住宅を建てる地面をコンクリートなどで補強するのが、「基礎補強工事」です。

このような作業は、多くの場合行わなければいけないので、予算に含めておきましょう。

諸費用の内訳は?

諸費用と呼ばれるものは、概ね全体予算の10%が目安。下で挙げているような税金・手続き・保険など事務的な費用が主な部分を占めます。

また、諸費用に含むか含まないかは別として、他にも予算計上をしておくべき要素があります。例えば、建て替えなら工事期間中の仮住まいや引越にかかる費用。

地鎮祭など、住宅建築に関連する式典などを行えば、それも当然出費を伴います。全体予算を考える場合、建物本体の費用が約70%として、付帯費用や諸費用その他が30%程度かかると見ておくべきです。

豊田市でおすすめの工務店&ハウスメーカー
工務店
ハウスジャパン
ハウスジャパンのキャプチャ ハウスジャパンのキャプチャ
参考坪単価
42万円~
(問い合わせより)
  • 予算に合わせたプラン設計
  • 全棟耐震等級3、制震設備も標準仕様
  • 自然エネルギーを活用したスマートハウス
ハウスメーカー
トヨタホーム
トヨタホームのキャプチャ トヨタホームのキャプチャ
参考坪単価
72.6万円
14年度実績(住宅産業新聞1855号より)
  • トヨタグループのハウスメーカーで知名度抜群
  • 自動車製造のノウハウを活かした家づくり
  • 鉄骨住宅なので広い空間づくりが得意
タイプ別に見る注文住宅おすすめ業者