「家族みんなが大満足」の家を建ててくれる会社はどこ?注文住宅建築のしおり【豊田版】

やっぱり心配!豊田市の注文住宅の価格を解説

データから見る、注文住宅にかかる費用

注文住宅を建てるためにはどんな費用がかかるか、まずは土地代を別として家を建てる際に必要となる大項目を以下にまとめてみました。また住宅建築費における各項目の割合も記載しています。

項目 概要 割合
本体工事費 基本的には家本体の工事費用ですが、業者によって含まれる項目に違いがあります。
見積比較をする際は注意しましょう。
約70%
付帯工事費 主なものはインテリア関連・照明関連・外構などの工事が該当します。
解体や造成なども付帯工事に含まれます。
約20%
諸費用 登録免許税・印紙税・不動産取得税が該当します。
各種税金、家の保険、住宅ローンの手続きの費用、そして引越費用などが該当します。
約10%

注文住宅の費用の傾向と予想

日本では超低金利時代が続いていて住宅ローンのハードルが下がったこともあり、不動産所有意欲はかつてより高い傾向にあります。加えて、2019年秋に予定されている消費税アップ前の駆け込み需要も見込まれるところ。

一方で、2020年まではほぼ間違いなく続くといわれる地価高騰や、建築関連のコスト高傾向もあって、注文住宅を建てる場合、タイミングと業者選定は費用にかなりの影響を及ぼします。

これからの日本で住宅自体のスペックとして注目されるのは、高耐震性や高断熱、高性能化、省エネ化、高耐久性です。

今後家を購入する場合、建物について重視することは、「耐震性、耐火性」がトップで51.5%。次いで「断熱性・気密性・遮音性」(47.9%)、「配置(間取り)」(44.4%)、「通気性、換気、風通し」(40.1%)と続く。

また東日本大震災によって、地震対策は一般住宅でも免震設備が浸透してきていますし、スマートハウスのように蓄電設備まで備えた家のIT化も注目したいところです。

豊田の土地価格の相場は?

家づくりとは切って離せない「土地代」はかなりの費用がかかります。同じ豊田市内でも住みたいエリアによっては地価が大きく変わるのです。

交通アクセスの利便性が高く、買い物環境や子育て環境が整っているエリアなら、当然高くなる傾向にあります。とくに名鉄三河線や愛知環状鉄道線の沿線は豊田市内でも地価が高めです。

とはいえ、愛知県全体や名古屋市と比べてみても豊田市は実際に取引された価格(実勢価格)は安いほう。愛知県全体が1坪あたり60万4,936円であるのに対し、豊田市は1坪あたり30万4,345円と報告されています。他の市町村と比べて安く購入できるケースが多いようです。

下記のページでは、豊田市のなかで土地価格が高い場所や、土地価格の推移や予測を紹介しています。平米単価及び坪単価の平均値や、ここ10年間の価格推移を掲載しているので、土地探しをしている方は必見です。

注文住宅を建てるときの費用の内訳は?

注文住宅を建てるのにかかる費用は大きく分けて「本体工事費」「付帯工事費」「諸費用」があります。それぞれの作業の内訳を詳しく調査しました。

本体工事費はどの会社・どの地域で建てようとも必ず発生する費用です。基礎工事や屋根工事、外装工事などが含まれます。どれも家づくりには最低限必要になる工事です。

付帯工事費には外構工事や電設工事などのオプションとして発生する工事費が含まれています。とはいえ、外構や電設の工事まで標準仕様として組み込んで対応してくれる会社もあるので、必ずかかる費用ではありません。

諸費用として挙げられるのは、不動産取得税や登録免許税、地鎮祭の費用などです。全体費用の約10%がこの諸費用にあたると考えて良いでしょう。

注文住宅を建てるときにどれくらいの工事が必要なのか、どのような会社を選ぶと理想的な家づくりができるのかなども解説していきます。

土地・住宅購入における豊田市の補助金は?

土地や住宅を購入する際、申請できるなら利用しておきたい補助金制度がいくつかあります。

日本が実施している「すまい給付金」はもちろん、豊田市が行なっている「エコファミリー支援補助金」や「スマートハウス減税」もチェックしておきたい補助金制度。住宅に太陽光発電システムや家庭用リチウムイオン蓄電池システムの導入を考えている方は、とくに必見です。

土地取得や住宅建築に対する補助金、税金の軽減など、豊田市内で注文住宅を建てる方にとってコスト的にメリットがある公的制度を調べてみました。詳しい適用条件は確認する必要がありますが、受給対象者になり得るかどうか、チェックするためにもぜひ参考にしてください。

家の建て替えにかかる費用は?

「親から家を譲り受けたけど、建て替えてから住みたい」というケースがあります。その場合は土地探しをする必要がないのですが、解体工事専門の業者や解体工事から建て替えまで請け負える会社を探さなくてはなりません。当然、かかる費用も新築とは異なります。

もし建て替える予定の家に住んでいるなら、解体工事費や建て替え費用だけではなく、仮住まい先の費用も念頭に置いておきましょう。また税金面でも、不動産取得税や登録免許税などの住宅関連の税金が必要になります。

建て替える場合は6ヶ月以上かかることが多いので、仮住まい先の費用を含めて予算は多めに見積もっておくのがベストです。

豊田市でおすすめの工務店&ハウスメーカー
工務店
ハウスジャパン
ハウスジャパンのキャプチャ ハウスジャパンのキャプチャ
参考坪単価
42万円~
(問い合わせより)
  • 予算に合わせたプラン設計
  • 全棟耐震等級3、制震設備も標準仕様
  • 自然エネルギーを活用したスマートハウス
ハウスメーカー
トヨタホーム
トヨタホームのキャプチャ トヨタホームのキャプチャ
参考坪単価
72.6万円
14年度実績(住宅産業新聞1855号より)
  • トヨタグループのハウスメーカーで知名度抜群
  • 自動車製造のノウハウを活かした家づくり
  • 鉄骨住宅なので広い空間づくりが得意
タイプ別に見る注文住宅おすすめ業者