「家族みんなが大満足」の家を建ててくれる会社はどこ?注文住宅建築のしおり【豊田版】

子供部屋

注文住宅を建てる人の多くの年齢は、子育て世代であることがほどんど。子供の出産や就学を機に…とよく聞きますよね。子供のいる家庭が検討することが多いのが、子供部屋です。中学・高校と成長するにつれて子供部屋の必要性も高くなります。

しかし、大学・就職と子供が成長し、自立した後には部屋が余ってしまうのが悩みの種。先のことまで考えると「どんな子供部屋を設計したら良いのかわからない…」と頭を悩ませてしまうこともありますよね。ここでは、参考になる子供部屋の設計事例を紹介します。

工夫を凝らした子供部屋の施工事例

成長に合わせて変化する子供部屋

成長に合わせて変化する子供部屋

引用元:株式会社ハウスジャパン
(https://www.house-japan.co.jp/order_house/アートギャラリーのある家/)

部屋全体はナチュラルカラーでまとめられ、部屋の建具も木材で統一されているのが特徴。子供部屋は2間つづきの洋室となっており、部屋には可動式の収納が設置されています。

子供たちが大きくなり、それぞれが自分の部屋を持ちたいと思った時には、可動式収納を間仕切りとして活用できるよう考えて設計。子供が小さいうちは間仕切りせず、遊び場として広々と使用することができます。

子供の成長に合わせて部屋をアレンジできる点が魅力です。子供が成長し巣立ったあとも暮らす家だからこそ、家族のライフステージの変化にも対応したデザインはおすすめです。

この子供部屋を設計した株式会社ハウスジャパンの基本情報

社名 株式会社ハウスジャパン
住所 愛知県高浜市神明町7-13-38
アクセス 名鉄三河線「三河高浜駅」より徒歩19分
営業時間 9:00~18:00
対応エリア 高浜市、碧南市、西尾市、刈谷市、安城市、知立市、幸田町など

ロフトベッドのある子供部屋

ロフトベッドのある子供部屋

引用元:大和ハウス工業株式会社
(https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/visit/vol135/)

注文住宅を建てる時、気になるのは部屋数。部屋が増えれば増えるほど、建築面積は敷地や予算によって制限があるものです。

この子供部屋では、その問題をクローゼットをロフトベッドとして設計することで解決。広い子供部屋が設計できない場合も、高さを利用することで、限られたスペースを有効活用できます。子供が小学校・中学校の頃はロフトベッドとして活用できますし、大きくなり書籍などが増えたらロフトを収納として利用できます。

備え付けの家具は、実際に暮らし始めてからの部屋をイメージできるのが魅力。天井高の注文住宅だからこそ可能な子供部屋の事例といえるでしょう。

この子供部屋を設計した大和ハウス工業株式会社の基本情報

社名 大和ハウス工業株式会社 豊田支店
住所 愛知県豊田市寿町7-45
アクセス 名鉄三河線「土橋駅」より徒歩5分
営業時間 9:00〜18:00
定休日 火曜・水曜・祝日
対応エリア 全国

子供たちだけのワクワク空間

子供たちだけのワクワク空間

引用元:ヘーベルハウス
(https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/casestudy/?id=j158)

3階建ての注文住宅の1階に主寝室や子供部屋を設けた事例。子供たちの部屋は1ずつ並びで設計しており、2つの子供部屋からのみ行き来が可能な3畳の隠れ家を設けています。

子供部屋から隠れ家への入り口をあえて小さくデザインしており、ワクワクとした探検気分を味わえる遊び心満載の注文住宅です。隠れ家は、吹き抜け仕様となっているので、2階のキッチンともつながっている点もユニーク。

キッチンで料理中も子供の声が届くから直接目が行き届かなくても様子を感じ取れるので安心ですね。子供たちの部屋自体は5畳を満たないサイズですが、子供が成長してからは隠れ家を収納スペースとして活用することもできます。

この子供部屋を設計したへーベルハウスの基本情報

社名 旭化成ホームズ株式会社
住所 愛知県豊田市久保町2-3-9
アクセス 名鉄三河線「豊田市駅」より徒歩12分
営業時間 不明
定休日 不明
対応エリア 全国

施主家族の子供部屋に関する口コミ紹介

実際に注文住宅を建てた家族が考えた子供部屋に関する口コミをピックアップしてみました。

子供部屋を設計する場合に気を付けたいポイント

子供部屋は、注文住宅を検討中の方の中でも賛否両論。必要という家族もいますし、不要という家族もいるようです。ここでは、子供部屋を設計する場合に大切にしたポイントを紹介します。

まずはこの2つをベースに考えてみてはいかがでしょう。

子供の人数によって、部屋数が異なります。しかし、年齢によってはすぐに進学や就職でマイホームに住む期間が短い場合も。その時には、子供部屋の数や部屋のつくりを工夫するとよいでしょう。

子供の年齢に合わせた子供部屋

数年先に子供部屋の必要性が出てくる場合にはライフスタイルから、間取り考えましょう。

次に子供部屋で悩むことが多い点は、部屋の広さ。これについては、カーテンやパーテーションを活用したり、収納やクローゼットを利用することで、自由にデザインを決めていきましょう。

子供部屋の仕切りの有無

供が幼く、設計の際に間仕切りのある子供部屋をつくってしまうこともおすすめです。反対に、10年先までは必要性がない場合などは、のちに1つの部屋を2つに間仕切りできるような工夫も考えておきましょう。別に、施工費用が発生することにも注意が必要です。

リビングで家族と一緒に

家族団らんの時間を大切にしたいと考えている場合、勉強はリビング学習をすることも。その場合、子供部屋は最低限の広さでも良いかもしれませんね。今とその先の子供たちとの暮らしをイメージし、子供部屋の必要性を考えてみましょう。

豊田市でおすすめの工務店&ハウスメーカー
工務店
ハウスジャパン
ハウスジャパンのキャプチャ ハウスジャパンのキャプチャ
参考坪単価
42万円~
(問い合わせより)
  • 予算に合わせたプラン設計
  • 全棟耐震等級3、制震設備も標準仕様
  • 自然エネルギーを活用したスマートハウス
ハウスメーカー
トヨタホーム
トヨタホームのキャプチャ トヨタホームのキャプチャ
参考坪単価
72.6万円
14年度実績(住宅産業新聞1855号より)
  • トヨタグループのハウスメーカーで知名度抜群
  • 自動車製造のノウハウを活かした家づくり
  • 鉄骨住宅なので広い空間づくりが得意
タイプ別に見る注文住宅おすすめ業者