「家族みんなが大満足」の家を建ててくれる会社はどこ?注文住宅建築のしおり【豊田版】

家の部分別こだわり事例を紹介

家を建てるときには間取りにこだわろう

注文住宅を建てるなら、自分たち家族に合う間取りを考えるのは当然。ただ、ここでいう間取りは単に3LDKや4LDKといったものではありません。

例えば、リビングを1階にするか2階にするか、立地環境や家族構成、生活スタイルなどによって最適解は異なるもの。水廻りをできるだけ集中させるのも、家事動線をできるだけ短くすることで、家事全般の作業を効率化できるわけです。

従って、どんな間取りの家なら自分たち家族が快適に過ごせるかは、日々の生活全般をよく考えて、居室だけでなく収納などのユーティリティや趣味のスペースなどをバランスよく配置する必要があります。

各部位へのこだわりで大きな差が出る

先ほど水廻りをできるだけ集中させると書きました。これは一般的にキッチン~トイレ~洗面所~バスルームを近接させた間取りを意味します。

加えて、LDKとなる空間をつくるとすれば、必然的にキッチン~ダイニング~リビングも連続性のある間取りになるでしょう。

これはこれで間違いではないのですが、玄関の次にリビングがあるとして、家に帰ってきた時、上着やカバンなどをリビングのソファに放置するのが習慣になってしまう懸念もあるわけです。

こういう時、玄関横やリビングにどんな収納をつくるのがいいか、自分たちの生活ぶりをディテールまで突き詰めていくと、本当に使い勝手のいい家ができると思います。

キッチン

ママの理想をカタチにする家づくりで、もっとも重視されるのはキッチン。最新型のシステムキッチンそれだけでは実生活にジャストフィットするものでもなく、造作家具などをプラスすることで、格段に使い勝手のよさが向上するなど、事例を紹介しています。

リビング

リビングは家族全員のコミュニケーションにもっとも役立つ空間。その分、開放感や陽当たり、室外との連続性など設計の工夫やアイディアによって、かなり住み心地に差が出ます。詳細ページでは空間づくりの好例をご覧ください。

洗面所

小さな子どもがいる世帯では、玄関横に洗面所を設置して、家に帰ったらすぐに手洗いすることを習慣づけするという子育ての方針を実践しているケースがあります。こうしたこだわりが見てとれるのも、注文住宅の事例ならでは。

外観・外構

注文住宅を建てるなら、いい意味でオリジナリティのある家に住んでみたいもの。それをもっとも顕著に感じられるのは、外観デザインと外構のつくり込み具合。見た目だけでなく用途や機能なども含めた採用理由は家づくりの参考になります。

豊田市でおすすめの工務店&ハウスメーカー
工務店
ハウスジャパン
       ハウスジャパンのキャプチャ        ハウスジャパンのキャプチャ
参考坪単価
42万円~
(問い合わせより)
  • 予算に合わせたプラン設計
  • 全棟耐震等級3、制震設備も標準仕様
  • 自然エネルギーを活用したスマートハウス
ハウスメーカー
トヨタホーム
トヨタホームのキャプチャ トヨタホームのキャプチャ
参考坪単価
72.6万円
14年度実績(住宅産業新聞1855号より)
  • トヨタグループのハウスメーカーで知名度抜群
  • 自動車製造のノウハウを活かした家づくり
  • 鉄骨住宅なので広い空間づくりが得意
タイプ別に見る注文住宅おすすめ業者